2016年8月4日木曜日

新商品のご紹介【SUNCAST 99ガロンデッキボックス Blow(ブロー)】

こんにちは!

今日はデッキボックスの新商品、99ガロンデッキボックス Blow(ブロー)のご紹介です。


組み立てる前に必ずパーツ確認を行ってください!

まずは、バックパネル、サイドパネルを組み立てます。

付属のイージードライバーを使い、専用のイージーボルトでパネルをつなげます。

ボトムパネルとサイドパネルを固定するために、裏側からネジ留めします。
今までのSUNCASTデッキボックスにはない、めずらしいパターンです。

お次は、天板パネル に補強ブラケットを付けます。
ネジを9本も締めなければならない、地道な作業です。

天板にヒンジ を取り付けたら、本体と合体! ヒンジをメタルボールとネジ留めで固定します。
角度によってネジが入れづらいですが、 頑張ります。完成まであと少し。
 ※天板を本体に接続するときは、1人が天板を持ち、もう1人が接続作業をします。必ず2人以上で行ってください。 

ガス式ショックをガコンガコンとはめ込めば…

完成です!!

オイルダンパーでスムーズに開けられます。
(まあまあ強めに開きます)

天板はツルッとした感じではなく、ポコポコとしたユニークなデザインです。

南京錠を使って施錠も可能。
 


さっそく荷物を入れますよ。
見た目にはそれほど大きな感じはしませんが、さすが99ガロン(約375L)ボックス。十分な収納力です。

よく見るとバリなんかもありますが…

そこは「アメリカ製」、と言うことでご了承いただけると幸いです…。
分かりづらいですが、ダンパーもMADE IN U.S.A.

バリはありますが、屋外用物置として優秀な防水機能を持っています!
表面が水をはじくだけでなく、中もほとんど濡れていませんでした!!
※あまりにもひどい豪雨や横殴りの雨の時はどうなるか分かりません…すみません!

そして、この「99ガロンデッキボックス Blow(ブロー)」は商品名にもある通り、ブロー成形(中空成形)による2重壁構造なんです!
強度的にもデザイン的にも優れた成形方法です。
 

もちろん、デッキチェアとして座ることも可能。
・・・が、撮影日は35℃に達する猛暑日! 天板はちょっぴり柔らかくなっていました…
あまにも気温の高い日には座らないことをお勧めします。
まあ、そんな日は天板熱すぎて座れませんけどね。


詳しいサイズなどはホームページをご覧ください。
 


ご購入は全国のSUNCAST(サンキャスト)販売店、インターネット店でどうぞ。








0 件のコメント:

コメントを投稿