2016年8月8日月曜日

新商品のご紹介【SUNCAST 80ガロンデッキボックス Baywood™ (ベイウッド)】

こんにちは!

今回はSUNCAST(サンキャスト) 80ガロンデッキボックス Baywood™ (ベイウッド)のご紹介です。

まずはパーツ確認です。
今回はコンクリートの上での作業でしたので、パーツにキズが付かないように ダンボールを敷きました。
プラスチックは傷つきやすいので、コンクリートや砂利などの上で組立を行う際は、必ずダンボールや布を敷いて行ってください。

ボトムパネルにバックパネルを合わせ、スライドさせてはめ込みます。

ゴムハンマーを使ってやさしく叩き込みます。
特に気温が暑い日(※撮影日は何と猛暑日!)は、プラスチックが柔らかくなっているので変形に気を付けてください!
フロントパネルも同様にはめ込みます。


サイドパネル・フロントパネルのタブと、バックパネルの溝を合わせながら、ボトムパネルの溝にはめ込みます。
同時に三枚の溝を合わせて差し込まなければならないので、位置合わせに少々手間取ります。
作業は2人以上で行ってくださいね。

正確にはまるとパチンとスナップ音がします。
一回はまってしまうと外すのは難しいです。くれぐれも慎重に…

天板に掛け金と補強スチールをネジで取り付け…

ストラップを付けたヒンジを取り付けます。
最初は硬くて「このネジ 、入っていくのか?」と思いますが少し入れば問題なく回せます。
※ネジを入れる前に位置合わせをしっかりとしてください!

ネジとボルトを使って天板を本体に取り付ければ…
 ※天板を本体に接続するときは、1人が天板を持ち、もう1人が接続作業をします。必ず2人以上で行ってください。

完成です!


荷物を入れるとこんな感じ。
灯油缶やキャンプ用品、遊び道具、ガーデン用品なんかもポイポイ収納できます。


南京錠を使ってロックできるので安心です♪

そしてお片付けに疲れたら一休みしてください。

 フロントとバックでデザインが違います。

前回ご紹介した99ガロンデッキボックス Blow(ブロー)と同じく、このデッキボックスもブロー成形(中空成形)による2重壁構造です。
内壁に施されたリブ構造により、強度アップやソリ防止の効果があります。
防水効果もテスト済みです。 水をかけても中まで浸透しません。
 ※あまりにもひどい豪雨や横殴りの雨の時はどうなるか分かりません…すみません!

詳しいサイズなどはホームページをご覧ください。 
 

全国のSUNCAST(サンキャスト)販売店、インターネット店でご購入いただけます!


※すべての画像において、撮影日の天候やカメラワーク、お使いのモニターによって実物とは色合いが異なりますのでご注意ください。

2016年8月4日木曜日

新商品のご紹介【SUNCAST 99ガロンデッキボックス Blow(ブロー)】

こんにちは!

今日はデッキボックスの新商品、99ガロンデッキボックス Blow(ブロー)のご紹介です。


組み立てる前に必ずパーツ確認を行ってください!

まずは、バックパネル、サイドパネルを組み立てます。

付属のイージードライバーを使い、専用のイージーボルトでパネルをつなげます。

ボトムパネルとサイドパネルを固定するために、裏側からネジ留めします。
今までのSUNCASTデッキボックスにはない、めずらしいパターンです。

お次は、天板パネル に補強ブラケットを付けます。
ネジを9本も締めなければならない、地道な作業です。

天板にヒンジ を取り付けたら、本体と合体! ヒンジをメタルボールとネジ留めで固定します。
角度によってネジが入れづらいですが、 頑張ります。完成まであと少し。
 ※天板を本体に接続するときは、1人が天板を持ち、もう1人が接続作業をします。必ず2人以上で行ってください。 

ガス式ショックをガコンガコンとはめ込めば…

完成です!!

オイルダンパーでスムーズに開けられます。
(まあまあ強めに開きます)

天板はツルッとした感じではなく、ポコポコとしたユニークなデザインです。

南京錠を使って施錠も可能。
 


さっそく荷物を入れますよ。
見た目にはそれほど大きな感じはしませんが、さすが99ガロン(約375L)ボックス。十分な収納力です。

よく見るとバリなんかもありますが…

そこは「アメリカ製」、と言うことでご了承いただけると幸いです…。
分かりづらいですが、ダンパーもMADE IN U.S.A.

バリはありますが、屋外用物置として優秀な防水機能を持っています!
表面が水をはじくだけでなく、中もほとんど濡れていませんでした!!
※あまりにもひどい豪雨や横殴りの雨の時はどうなるか分かりません…すみません!

そして、この「99ガロンデッキボックス Blow(ブロー)」は商品名にもある通り、ブロー成形(中空成形)による2重壁構造なんです!
強度的にもデザイン的にも優れた成形方法です。
 

もちろん、デッキチェアとして座ることも可能。
・・・が、撮影日は35℃に達する猛暑日! 天板はちょっぴり柔らかくなっていました…
あまにも気温の高い日には座らないことをお勧めします。
まあ、そんな日は天板熱すぎて座れませんけどね。


詳しいサイズなどはホームページをご覧ください。
 


ご購入は全国のSUNCAST(サンキャスト)販売店、インターネット店でどうぞ。








2016年6月6日月曜日

ホームデザイン物置 カスケード(小)BMS7400の組立

にんにちは!
本日はホームデザイン物置 カスケード(小)BMS7400の組立の様子をお伝えいたします。

梱包姿です。横123㎝×奥行47㎝×縦216㎝のボックス1個にすべてのパーツが入っています。
重さは約109kg。荷下ろしには最低でも大人2名が必要です。
組立も必ず2名以上で行ってくださいね。

そして組立前には、BMS7400取扱説明書を見ながらのパーツ確認を忘れないでください!
 パネルにはこのようにアルファベットが表示してあるので分かりやすいです。


さて、それでは組立をはじめます↓↓↓

まずは扉に窓やDリング、屋根下のヘッダーに通気口やブラケット等の取り付けを行います。


細かい取り付けが終わったら、フロアパネルを水平な場所に設置し、壁パネルを取り付けていきます。
パネルに矢印が描かれているので、上下を確認して行ってくださいね。

壁パネルと壁パネルの接続は専用のイージーボルトで行います。
※締めすぎには注意してください !

パネルのはめ込みにはゴムハンマーを使うとスムーズです。


同じ作業を繰り返し、壁が組み終わりました。
 
ヘッダーを取り付けます。
ヘッダービームを取り付けるまでは不安定なので注意してください!

屋根の取り付けです。
1人が外側で屋根を押さえ、内側からネジ留めしてください。

 
ヒンジを使用してドアを取り付け、ドアノブを付ければ…



完成です!
今回は自社倉庫の中での組立でしたが、やっぱりホームデザイン物置は青空が似合いますね!

今度はステキなお庭に建てられるのを待っています!!